ねじ,ボルト,ナット,見積,スタッフ,紹介

スタッフ紹介 vol.01:本店営業所 営業課 坂本 晃一

強みは自分にしかできない営業!前職の知識を活かす

 

前職では、採石場の生産ラインで修理の仕事をしていました。もともと溶接や機械修理など技術的なことが得意で、趣味は車の修理です。そういう前職で得た知識や、修理の経験などを活かした営業がしたいと考え、オノウエに入社しました。

商品知識を説明するだけでなく、実際に現場でねじを使っていた立場から、お客様にいろんな提案ができるのではないかと思ったからです。

お客様の視点でベストなねじを提案

 

オノウエに入社して8年目になりますが、前職で得た知識が、とても役に立っていると思います。困っているお客様にねじの実際の使い勝手を伝えるほか、そのねじがお客様の使用したいケースに合っているかなど、様々な提案させていただいています。

お客様に言われるがまま受注するのではなく、ベストなねじを提案できるのが、自分の強みです。営業という視点と、使用者というお客様の視点。その両方を常に意識しています。

 

お客様に認められ、任される。それが何よりの喜び

 

仕事で一番嬉しいのは、やはり大きい見積もりが取れたときですね。大きい仕事になると、それだけ苦労も大きいですから。それが報われると、達成感もひとしおです。

また、先方から図面をもらって、丸投げで受注した時も嬉しいですね。「この図面に必要なねじを持ってきて」と言われることがあるのですが、そういうザックリとした注文は、先方の担当者から信頼されている証です。

 

お客様に信頼される提案を

 

こうした信頼は、先方の担当者との日頃のやり取りから生まれたものだと思っています。実際、自分は先方の担当者と商品について、けっこう長く話します。商品の説明はもちろんですが、実際に使ってみた使用感など、事細かく説明するようにしています。

そういう点が評価され、お客様に信頼いただいているのだと思います。

人と話すことが好きなので、営業という仕事は自分に向いていると思います。営業マンとしての商品知識に、実際に現場で使っていた経験をのせて、今後もお客様にいろいろな提案をしていきたいと思っています。

 

 

オノウエ株式会社