会社沿革

オノウエの歩み

創業者である前代表取締役・尾上優は学卒後の昭和13年、中国の天津市に渡り、中国華北綿の蒐集業に従事しました。終戦間際に現地召集を受け、山東省来陽に駐屯。現地で終戦を迎えます。

その後、昭和21年1月に家族4人を連れ、郷里の長崎へと無一物で引き揚げました。

当時の長崎は原爆で焼け野原となっていましたが、大資本による立派な造船所がいくつもありました。そのうちの一つの巨大倉庫を視察した際に、先代の目に留まったのが、ねじでした。

「資本を持たない自分でも、ねじならできる」

これが、私たちオノウエ株式会社のスタートとなりました。

会社沿革

昭和23年3月 個人会社尾上商店を創業
古繊維の再生加工による工業用ウエスの製造販売業を営む
創業地は長崎市元船町5丁目12番地
昭和24年 ねじの将来性に着眼し、軍の施設解体により発生する古丸鋼の再生利用として、建築用ボルト類の製造販売を兼業する
昭和25年6月 株式会社尾上商店に改組し、尾上優が代表取締役に就任する
昭和26年 大橋工場を開設する
昭和32年6月 佐世保営業所を開設する
昭和43年

ねじの総合商社に脱皮すべく、ねじメーカーからの直接仕入れを開始

大量在庫による即納販売体制を完成させる

昭和46年6月 大橋ウエス工場を新築する
昭和46年7月 本社を長崎市五島町へ新築移転する
昭和49年4月 諫早営業所を開設する
昭和52年3月 大橋営業所、ねじ在庫用倉庫を新築する
昭和54年12月 大橋営業所、鋼管在庫用倉庫を新築する
昭和55年12月 時津営業所、時津工場を新築開設する
昭和57年6月 佐世保営業所、佐世保市万津町へ移転する
昭和60年4月 住友金属工業株式会社鋼管特約販売店となる
平成3年5月 諫早営業所を諫早市栗面町へ新築移転する
平成3年5月 尾上徹が代表取締役に就任する
平成10年9月 佐世保営業所を全面改築する
平成13年9月 大橋物流センターの商品ラック・貨物リフトなどの機能強化を図り、在庫を集中させる
平成15年4月 初代会長・尾上優が死去する
平成15年11月 尾上元船町ビルを取得する
平成17年9月 時津営業所を閉鎖し、営業部門を本店営業所に移管する
平成19年4月 諫早営業所の営業部門を本店営業所に移管する
平成20年3月 第1回銀行保証付私募債を発行する
平成22年10月 オノウエねじ株式会社を設立し、遠隔地販売を拡充する
平成30年4月 オノウエ株式会社へ社名変更
平成30年8月 佐世保営業所を佐世保市柚木元町へ移転する
オノウエ株式会社