表面処理,めっき,メッキ,電気めっき,ねじ,知識

電気めっき

 

電気めっきとは、電解溶液中に処理物を浸漬した状態で通電し、処理物の表面に金属皮膜を形成するものです。

電気めっきには以下の方法があります。

 

 

銅めっき

銅は空気を含んだ水に触れると腐食するため、ニッケルやニッケルクロムめっきの下地として利用されます。しかしながら、工業分野では銅がもつ高い電導性が重用され、鉄鋼素材にはシアン化銅めっき、装飾用には硫酸銅めっきが使用されています。

 

 

ニッケルめっき

ニッケルは空気や湿気に強いため、装飾だけでなく防食目的でも利用されています。

 

 

黒色ニッケルめっき

装飾もしくは光学部品の反射防止用として使われています。銅やニッケル、黄銅めっきの上に重ねて黒色ニッケルめっきを行います。家具などに利用される古美仕上げは、この黒色ニッケルめっきを行ったうえで、バフ研磨を施します。

 

 

クロムめっき

耐摩耗性や耐食性、耐熱性、密着性に優れたクロムは、工業用としてとてもよく利用されています。光沢ニッケルめっきのうえにクロムめっきを施すことで、深みのある色調を得られます。

 

 

黒色クロムめっき

耐摩耗性には乏しいものの、得られる皮膜は美しい漆黒調となります。そのため装飾などによく利用されています。また、その光的・熱的特性を活かして、ソーラーシステムの太陽光選択吸収パネルや放熱板などにも使われます。

 

 

工業用(硬質)クロムめっき

主に耐摩耗性を付与するため、比較的厚めの皮膜が施されます。処理物の素地に直接、分厚いめっきを均一に施すことが求められる場合などに使われます。耐摩耗性のほかにも、多くの機械的性質を有します。

 

 

亜鉛めっき

鉄の錆止めとして使用されます。めっき後にクロメート処理を施すことにより、亜鉛の耐食性が向上するとともに、見た目にも美しい仕上がりになります。

 

 

カドミウムめっき

カドミウムには多くのめっき用途がありますが、毒性が強く、排水などに厳しい規制が設けられています。そのため現在では、船舶や航空部品など、限られた用途でのみ利用されています。

 

 

すず・はんだめっき

融点が低く、耐腐食性に優れるすずは、はんだ付け性や防食性を付与するために使用されます。環境問題の影響から、最近でははんだめっきに鉛を使わない動きが進んでいます。

 

 

金めっき

耐腐食性や耐酸化性、熱と電気の高い電導性、低接触抵抗、さらには見た目の良さを兼ね備えた金は、とても有用な金属です。金めっきは、産出量が少なく貴重な金を最大限に活用できる方法とされています。

 

 

銀めっき

銀は金属の中で最も高い電気伝導性をもつため、主に電気接点などに利用されます。また、金とともに美しい色調のため、装飾品や洋食器などにも使われています。

 

 

合金めっき

黄銅めっき:銅と亜鉛の合金皮膜で、その合金比率により赤味がかった金や白味がかった金などに変化します。

ブロンズめっき:銅と錫の合金皮膜です。耐食性が高いほか、錫を基本にするとはんだ付け性も向上します。

代用クロム:錫とコバルトの合金被膜で、クロム色めっきとも言われます。

亜鉛合金めっき:亜鉛と錫、亜鉛とニッケル、亜鉛と鉄合金など、亜鉛と他の金属を合金化しためっき法です。

 

 

プラスチックめっき

プラスチックスを金属化して、耐水性や耐候性などの機能を付与する方法をプラスチックめっきと言います。

 

 

 

オノウエ株式会社