六角溶接ナット,パイロット,ねじ,図面,寸法,商品

六角溶接ナット1A形

六角溶接ナット1A形

六角溶接ナット,パイロット,ねじ,図面,寸法,商品

六角溶接ナット,パイロット,ねじ,図面,寸法,商品

 

【図面】

六角溶接ナット,パイロット,ねじ,図面,寸法,商品

 

【寸法表:六角溶接ナット1A形 JIS B 1196:2010 抜粋】

単位:mm

 

※表は横にスライドします→

ねじの呼び
(d)
外形 逃げ パイロット 溶接突起部 (参考)
相手板穴直径
S h d1
(約)
g
(最大)
d2 h1 f h2 基準寸法 許容差
1A形
基準寸法 許容差(h14) 強度区分5用の
基準寸法
強度区分8用の
基準寸法
許容差
(h14)
1A形 基準寸法 許容差 基準寸法 許容差 基準寸法 許容差 1A形
並目 細目
M4 11 0
-0.43
5 0
-0.30
7 0.5 7 -0.1
-0.3
0.8 0
-0.2
0.2

1
0.5 0
-0.2
7 +0.3
0
M5
M6 13 6 9 9 9
M8 M8×1 15 7.5 0
-0.36
11 0.8 11 0.2

1.2
11
M10 M10×1
M10×1.25
17 9 10 13 13 1.2 0.7 13
M12 M12×1.25
M12×1.5
19 0
-0.52
11 12 0
-0.43
15 15 15

 

 

ねじ部面取りの直径はねじの呼び径+0.5mm以上になるようにし、パイロットの下面には必ず平面があるようにしましょう。

ナット1A形の上面のねじ部面取りは、ねじの谷の径よりわずかに大きい直径とするのが良いでしょう。

 

注)

a)溶接突起部を含むナットの高さ(h-h1+h2)の最大値と最小値の差は0.15mm以下。溶接突起部の幅(f)の最大値と最小値の差は0.7mm以下とします。

b)パイロットと溶接突起部先端との差(k)は、0.15mm以上とします。

 

※寸法表は代表的なものです。詳しくは、お問合せください。

 

 

 

オノウエ株式会社