鉄鋼,材料,材質,ねじ,ボルト,ナット

鉄鋼

 

天然資源として豊富な埋蔵量を誇る鉄。量が多く安価なうえ、加工性にも優れるため、鉄はねじ以外の分野でも幅広く使われています。

主要国における金属生産量の8割以上を占める、まさに金属素材を代表する存在です。

しかし、ひとくちに鉄と言っても、化学成分の組成によりその種類は様々。それぞれの性質を生かしつつ、いろいろな用途で使用されています。

 

次に、各種鉄鋼材の主要な用途例をまとめます。

 

 

棒鋼・形鋼・鋼板・鋼帯

一般構造用圧延鋼材(SS400):ボルト・ナット・アイボルト・シャックル

鉄筋コンクリート用棒鋼(SR235):アンカーボルト・プレスボルト

冷間圧延鋼板・鋼帯(SPCC):座金・板ナット

みがき特殊鋼帯(S 50 CM):歯付座金・さらばね座金・スプリングピン

 

 

線材

軟鋼線材(SWRM 10/SWRM 12):釘・冷間形成リベット・割りピン・木ねじ

硬鋼線材(SWRH 62 A):ばね座金

冷間圧造用炭素鋼線材(SWRCH 10 Rなど):小ねじ・ボルト・ナット・タッピンねじ

 

 

機械構造用炭素鋼

機械構造用炭素鋼鋼材(S 45 Cなど):ボルト・ナット・ピン類・各種部品

 

 

機械構造用合金鋼

ニッケルクロム鋼鋼材(SNC415など)/ニッケルクロムモリブデン鋼鋼材(SNCM240など)/クロームモリブデン鋼鋼材(SCM 435など):六角穴付きボルト・六角穴付き止めねじ・高力六角ボルト・ナット

高温用合金鋼ボルト材(SNB 7など):高温で使用される圧力容器・バルブ・フランジ及び継手に用いるボルト・ナット

 

 

特殊用途鋼

硫黄快削鋼鋼材(SUM 31):精密機械部品・切削ねじ類

 

 

鋳鍛造品                                                                

炭素鋼鍛鋼品(SF 440 A):蝶ナット・蝶ボルト

 

 

 

オノウエ株式会社